【おすすめ】3DプリンターはEnder3を買うべき理由

Ender3アイテム紹介

3DプリンタはEnder3を買っておけば間違いない

どうも、ゆとりです。

今回は3 D プリンタの選び方というテーマでお話ししていきます。

近年3 D プリンターの低価格化が進み個人でも非常に簡単に入手できるようになりました。

しかし安いものは数万円から高いものは数十万円までと、 値段の幅が大きすぎるあまり、どれを買えばいいか悩ましいという人も多いでしょう。

今回はそんなあなたの最適解ということで、Ender3をお勧めさせていただきますので、Ender3を買うべき理由について詳しく解説していきます。

Ender3を買うべき4つの理由

Ender3は安い

Ender3の魅力の一つに値段が安い事が挙げられます。

なんとamazonでは約3万円で購入することができます。

ハーフビルド形式で、自分で組み立てる必要がありますが、特に難しいものではなく初心者でも簡単に組み立てることができます。

こんな安価な3Dプリンタですが、値段が低いから性能が低いということではありません。
通常の使用には何の問題もないのです。

この点に関しては3Dプリンタの値段差による違いをご覧ください。

ちなみに私が会社で治具開発に使用している3 D プリンターもこのEnder3です。

値段が安いので複数台導入するにも抵抗が少ないでしょう、数を増やすことでより効率的に部品を印刷することができます。

Ender3は部品が調達しやすい

皆さんご存知の通り3Dプリンターとはプラスチックを積層することで立体物を作ります。

その積み重ねる厚さは0.2mmが標準的でしょう。

一層あたりの厚さが0.2mmということは、1mmの高さを出そうとすると5回往復が必要です。
1cm積み上げるだけでも50回往復することになります。

そしてその高さを出すには相応の時間がかかります。
丸1日中稼働しっぱなしというのも珍しいことではありません。

もちろんこのようにハードワークを続けていると部品は消耗していきます。

ローラー、モーター、ノズル、プレート、ヒーターなど、3dプリンターには消耗品が多いのです。

故障してしまったら、これらのパーツを交換しなければいけません。

この部品の交換という点でEnder3は非常に有利なのです。

他のメーカーの3Dプリンターを買うと、そのメーカーでしか使ってない部品が多々あるため、プリンターが壊れた場合はメーカーに修理を出すという手段をとるしかありません。

発送の手間や修理代がお財布とモチベーションにダイレクトアタック、これは痛い。

それに対してEnder3は世界中でとても普及しており、サードパーティ製の部品がとても充実したラインナップで販売されています。

それらの交換部品がAmazon等で簡単に手に入るため、メンテナンスに困りません。

Ender3は改造パーツが沢山ある

先程ご紹介したようにEnder3は 広く普及しているため、 アップグレードパーツもたくさん流通しています。

追加機能を付与したり、性能を強化したり 自分好みにカスタマイズすることができます。

これも他メーカーでは非常に難しい芸当です

高額な3Dプリンタを買うと「なんだこの機能いらねぇよ」っていう場合が多々ありますが、このように後から追加できる倍は「本当に必要なもの」を付けることができるのです。

Ender3は情報が沢山ある

3dプリンターなどの機器を取り扱っていて一番困るのは、使い方がわからない時です。

海外製の3Dプリンタには情報が少なく、不具合の対応などでどうすればいいかわからないことがあります。

しかしender3にはこれを使用している先輩たちが沢山います。

彼らが残してくれた財産がGoogleの中に散らばっており検索することで大体のことは解決することができるのです。

このコミュニティの大きさがこの3dプリンターを使う上でとても大きなバックアップとなります。

最後に

今回はEnder3を買うべき理由について、環境面からご紹介しました。

最初の3Dプリンタは悩みますが、この記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました