3Dプリンターベットから剥がれる?マスキングテープとスティックのりで防止する方法

3Dプリンター 剥がれ 防止3Dプリンタ理論

3Dプリンタに多いプラットフォームからの剥がれ

3dプリンターには失敗がつきものです。

その中でも特に多いのがベットからはがれてしまうことです。

今回はマスキングテープスティックのりを使ってこの問題に対処する方法をご紹介します。

僕がお勧めしているEnder3では特に有効です。

・Ender3の紹介

今回ご紹介する内容は、下記動画と同様です。
お時間がある方はわかりやすい動画を見た方が分かりやすいと思います。
よければチャンネル登録もお願いします。

使うのはマスキングテープとスティックのり

この方法にはマスキングテープとスティックのりを使います。

両方ともいろんな商品がありますけども、多種多様な製品を試した結果、僕が最終的に行き着いたのはこちらの商品です。

まずスティックのりですが、こちらの商品はデカい。
ベッド全体にノリを塗る必要があるので、そもそも本体が細いと大変です

またこのノリは温度が高くなるとより柔らかくなります。

基本的に3Dプリンターはヒートベッドを使用してペットの温度上げています。
このノリは高い温度のベッドに対して非常に滑らかに塗ることができました。

マスキングテープに関しては幅が広ければ広いほどいいです。

こちらもベッド全体を覆わなきゃいけないので幅が細いと何回も貼る必要があります

このマスキングテープは幅が10CMなのでender3であれば3回でベッド全体を覆うことができます。

3Dプリンタの剥がれ防止をやってみる

早速マスキングテープとスティックのりを使ったベッドからの剥がれ対策をやってみます。

3Dプリンター 剥がれ 防止

ヒートベットの起動

まずはじめに3dプリンターの電源を入れてヒートベッドを起動します。
実際のプリント温度まで上げてください。

3Dプリンター 剥がれ 防止

そして次工程は、必ずベッド温度を上げ切った後に移行してください。

・ヒートベットとは?

マスキングテープ貼り付け

ベットにマスキングテープを貼っていきます。
できるだけピンッと張ってください。

上段から順番に貼ると良いでしょう。

3Dプリンター 剥がれ 防止

その際、ベットからは15mm程度はみ出して張り、カッターで切ってください。

3Dプリンター 剥がれ 防止

そしてティッシュ等で空気を抜きます。
この工程は非常に重要です。空気が抜けきれていないと印刷中にそこから剥がれてきます。

3Dプリンター 剥がれ 防止

空気を抜き終わったら先ほどはみ出して切った部分を折り込んでいきます。

3Dプリンター 剥がれ 防止

これを3回続けるとベッド全体を覆うことができるでしょう。

3Dプリンター 剥がれ 防止

スティックのり塗布

スティックのりをベット全体に塗布していきます。

3Dプリンター 剥がれ 防止

だまにならないよう注意してください。

ベッドの温度で溶かすようにゆっくり動かすのがいいでしょう。

3Dプリンター 剥がれ 防止

また、同じところを二度塗りしないでください。厚みが出て造形物に支障が出ます。

3Dプリンターでの印刷と引きはがし

印刷はできるだけノリを塗ってから間を開けずに行って下さい。
乾ききってしまうと接着力が下がります。

また、剥がす際は、マスキングテープを引っ張ることで、簡単に造形物を分離できます。
これでベットから剥がれなくて、スクレイパーでガシガシやる事もありません。

3Dプリンター 剥がれ 防止
3Dプリンター 剥がれ 防止
3Dプリンター 剥がれ 防止

最後に

いかがでしょうか。

この方法を使えば造形物の剥がれによる失敗というのはかなり減ると思います。

また逆に「ベッドから造形物が剥がれない」という問題も簡単に解決することができます。

ベッドと造形物の接着の問題に悩んだら、まずはこの方法を試してみてください。とても安価です。

他の対処法については、こちらをどうぞ。

【まとめ】3Dプリンターベットから造形物が剥がれる原因と対処法

コメント

タイトルとURLをコピーしました